あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝苦しい夜が明け、曇り空で朝を迎えた函館。


パパさんは、疫病神を振り切るかのように早々に出発。函館を去って行った。

残った一同は、朝食に函館名物の「やきとり弁当」を購入。
珍しそうにその弁当の写真を撮る本州から来たライダーたち。
私にとっては、その姿の方が珍しくて、弁当ではなく彼らにシャッターを向けた。

その後、F・Yの両氏も目的地へと出発。
疫病神の最後を私だけが見届けることになった。
電話では、午前中に早々と修理は終わったということであった。

前日、あれほどの時間をかけたにも関わらず直らなかったことを考えると、午前中に修理が終わったとは意外であった。
しかし、そこはプロ。複雑な修理でも頑張って早く終わらせてくれたのだろうと思い、素人の私にはわからないことだとしても、一日付き合った者として修理箇所は是非聞いておかなければならなかった。
私は、I氏と共に修理箇所を店の者に尋ねた。
すると彼は言った。


「(エンジンを着火させる)プラグを取り換えておいたから


「えっ!?それだけ!?」


これですべての謎は解けた。


I氏は青森でガソリンを給油したが、古いバイクである上に、大量の荷物まで積み込んでしまったために、大間の港へ向かう間にI氏の想像以上の燃料消費を起こし、函館港に着いた時にはガソリンはすっかりなくなってしまったのである。

しかし、I氏はメーターがないためガス欠に気付かず、ガソリンはあるとばかり思い込み、他の者もそれを信用して、別の箇所をいじってはキーを回してエンジンをかけようとし続けた。

だがこれは、スパークプラグを弱めるだけにしかならず、ようやく夕方にガス欠の可能性を見い出しガソリンを補給した頃には、スパークプラグはすでに瀕死の状態になっていたのである。


つまり、早々にガス欠に気付いていれば、スパークプラグを取り換える必要もなく、当初のI氏の目的地であった小樽へ、その日のうちに到着することができたのだ。


結局、前日交換したバッテリーも元の物に戻され、I氏のバイクは、函館で一泊二日をかけ、ガソリンを補給し、スパークプラグを取り換えただけで終わった。
私は、くれぐれもガソリンスタンドの無いような脇道にそれないよう釘を刺し、I氏と店の前で写真を撮影して別れた。


その後、この話が私とパパさんにより語り継がれることになったことは言うまでもない。(おわり)
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atsushi27.blog50.fc2.com/tb.php/83-e8ccbc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。