あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝る前とかにちびちびと読んでいた夏目漱石の『明暗』を読み終えました。

中学の時から漱石文学にハマり、高校時代に文庫本を全冊揃えたものの、「未完成だから」という理由で最後まで放っておかれた『明暗』。

漱石の作品の中では最も長いこの作品も、ついにすべて終わりました。

いや、正確に言えば終わっていないのです。未完成だから。

「結末はどうなるのか?」

これは読み終えた人すべてが考えることでしょう。

調べてみると、作家や文学評論家などいろいろな方々が十人十色な結末を考えてきたようで・・・。

確かにそれは一部の読者の欲求を満足させるものにはなりうるでしょうが、でも本当の結末は漱石があの世へ持っていってしまったわけですし、これまで読んだだけでも、私の中で「結末はこうなるのでは」という思いがおぼろげながらも出てきたわけですし・・・、まぁこのまま永遠に終わらせない方がいいのかなぁ、と思ったりしてます。

漱石を読む旅、13年で一旦終結。そして永遠の旅へ・・・。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atsushi27.blog50.fc2.com/tb.php/71-4d7f8679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。