あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほかでもこういう表現をされた方はいるかもしれませんが、このタイトルをつけざるを得ませんでした。

そのくらい熱かった!盛り上がった!!凄かった!!!




(Before the show time)
アル・マッケイ・オールスターズライブの奇跡については、まずしおぼう画伯がバンドメンバー&ご自分を描いたすばらしい作品を見せてもらったことから始めねばなりません。
アルが見たがるのも納得の絵を前に、まずはお仲間で記念撮影。
そして絵は楽屋へ。たぶんメンバーは歓喜したに違いありません。

ちなみにこの日席を共にしたのは、画伯に加えてよしぼうちん、オキヨちん、アフロちん、amoちん、べこちん。
みなさんには5年ぶりに生でアースの曲に接する私のテンションを上げてくれたこと&最高の座席を確保してくれたことに改めて感謝です!
しかしあまりに良席すぎて、アフロちんと共に緊張しながら開演へ・・・(^^;




(Opening~Shining Star)
On The Way UpのBGMで、メンバーがステージに登場。この曲もかっこいいので、欲を言えば生でやってほしいところ。

そしてSerpentine Fireで幕開け!熱い!かっこいい!久々に生で聴きましたが、体は自然にグルーヴに反応し動いてました。

Got To Get You Into My Lifeは、ビートルズも好きな私にはたまらないナンバー。AlのギターソロがSo cool!

Shining Starでは、コールに答えて思いきりレスポンス頑張りました!

(After The Love Has Gone~Reasons)
Ben Dowlingの見事なキーボードソロから始まったAfter The Love Has Goneに続き、見どころたっぷりのReasonsへ。

Tim Owensのボーカルは、オリジナルのフィリップ・ベイリーにも負けないくらい見事!
Ed Wynneのサックス(ちなみにヤマハ製w)のソロが熱い!
Edの浴びるスポットライトに椅子を持って入り込んでしまったMichael Harrisがお茶目!

そして、熱いソロを終えて椅子に座るよう促されたEdですが、休ませたのはサックス(笑
さらにはTimとEdのかけ合いに割り込んじゃったAl(笑
そのままメンバーと客席からGo!と言われてTimとロマンティックなかけ合いをしばし☆
いいですね~こういうアットホームな雰囲気(^_^)

しかしReasonsの見どころはこれだけではなかったのです!
ステージ中央に置かれた椅子にご招待されたのは、、、何としおぼうちん!
TimとEdの素敵なソロの挟み撃ちです!何という贅沢でしょう!
しかもTimには名前まで紹介されてました。苦労して作品を描いた甲斐がありましたねぇ♪

(In The Stone~September)
ロマンティックな雰囲気はIn The Stoneのイントロで一転。最高潮の熱気に達します。

っていうか、、、In The Stoneずっと聴きたかったんだよ~~~!!!
初めて生で聴けてうれし~~~!!!(ToT)
ド迫力のホーンセクションが奏でるあの旋律(ちなみに携帯の着メロはこれ)!
この曲については、場内で一番エキサイトしていた自信ありです!

その後も、予習で聴いた「ライヴ・アット・マウント・フジ・ジャズフェスティバル2002」の熱気を上回るであろう灼熱メドレーが続き、思い出の曲Let Your Feelings Showへ。
アースのライブに初参戦したとき、オープニングを飾ったのがこの曲でした。
私のツボを押さえたかのような選曲に感激です。

続いてちょっと落ち着いたナンバーが2曲。個人的にはいいクールダウンタイムになりました。

そしてSeptember!
会場を駆け回って歌うTim!
サビはお馴染みの腕振り!
やっぱこの曲最高です!!!

(Let's Groove)
アンコールはまずメンバー紹介から。
一人一人メンバーを丁寧に紹介するAl。人柄の良さがうかがえます。
そしてボーカル三人衆が客席を煽ってLet's Groove!
翌日筋肉痛になるだろうことはわかっていても、体は動きまくってフィニッシュ!

本当にすばらしい、正に「灼熱の狂宴」でありました。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atsushi27.blog50.fc2.com/tb.php/302-06a7847b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。