あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蟠渓温泉をあきらめ、有名な洞爺湖温泉もスルーして、行き着いた先は今金町の奥美利河温泉。

事前の調べでは、この温泉の湯温は38℃ということで、この時期ではすでに冷たくはないかと心配でした。

そんな心配を抱えつつ内風呂へ。
しかし思いのほかぬるくありません。体が冷える様子もありません。恐るべし温泉の力。





露天風呂には、勢いよく温泉が流れ込んでいました。
本当はもっと露天風呂全体を撮りたかったのですが、先客のカップルもいたのでこの辺で(ここは露天風呂が混浴)。




ちなみに、これほど温度が低いとどういう病気に効くのかと思って効能をチェックしましたが、、、

やはり冷え性はありませんでした。

次はもうちょっと冷え性に効きそうな所を目指して日本海側へ。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atsushi27.blog50.fc2.com/tb.php/194-78c63c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック

洞爺湖温泉洞爺湖温泉(とうやこおんせん)は、北海道胆振支庁管内虻田郡洞爺湖町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国、旧虻田町)にある温泉。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:
2007/10/14(日) 12:35:58 | 温泉GO!GO!ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。