あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月30日朝、登別を出発。友人と別れ、再び一人旅です。
オロフレ峠を越えて、向かったのは壮瞥町の蟠渓温泉というところ。

なぜ私は前夜に続いて温泉をはしごするのか?
答えはつきあいの長い方ならおわかりでしょうw
(つきあいの長くない方も後でわかります)




蟠渓温泉には、長流(おさる)川沿いに「オサルの湯」という無料露天風呂があるそうで行ってみました。



これが浴槽なのでしょうか?
しかし、手を入れるととても熱くて入る気にはなれませんでした。。。




いかに川と近いかが、この写真でお分かりいただけるでしょう。
しかし、川の水を入れて湯温を調整するようなものはありませんでした。


まだまだ行かなければならない秘湯があるので先を急ぎます。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atsushi27.blog50.fc2.com/tb.php/193-cc10de07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。