あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラプトン札幌公演の興奮も冷めやらぬうちに、もうビリー・ジョエルのジャパンツアーがスタートしちゃってます。

2週続けてすごい大物が見られるというのは、本当に幸せなことだと改めて思います。
でも、心の準備がきついですね。もうちょっとクラプトン公演の余韻に浸っていたい・・・(笑

まぁでも、チケットを取った以上、また日曜には行かなければなりませんので予習をしています。


ただ気になるのは、札幌ドームの観客がどれだけ盛り上がれるかということです。

先日見たビリーのインタビューでは、「コンサートの序盤に客席の反応を見てその後の展開を決める」と言ってました。
つまり、観客の反応により出来が左右されるのに、これまでの経験から言って北海道の観客は冷めているものですから、ぜひ頑張って盛り上げてほしいものです。

特に、「ピアノ・マン」のサビはビリーは歌ってくれません。観客に歌うよう促します。
だったら、アーティストの期待に応えるべく、カタカナ英語でもいいから歌ってみるのが観客の役割じゃありませんか?

シャイでいたって何も発散はされません。

北海道では滅多に見られないアーティストだからこそ、日ごろの思いを溜め込んで出し尽くすべきです!!!

あるいは日々のストレスをぶつけてもいいでしょう!(笑

そうするとサプライズがあるかもしれません!

日替わりセットリストのビリーならやりかねません!


12月3日の札幌ドームは、東京都民に負けないくらい盛り上がりたいと願っています。


ちなみに、以下は28日東京公演のセットリストです。ご参考まで。


続きを読む
スポンサーサイト
いつもならば、ライブ終了と共にレポートも締めるはずなんですが、実はまだ続きがあります。


何と!



連れの村田(仮名)氏ピックをゲット!!!



終演後、ツアースタッフの方がばらまいた内の1つを、素晴らしいことに手に入れることができました!
ライブ映像を見ているかのような至近距離で演奏を聴き、まさかピックまで手に入るとは・・・。
本当に極上の幸せでした!!!



ちなみに、獲得したピックは、チケットと一緒に額に入れて保存されることになりましたw



続きを読む
26日に札幌で一泊し、昨日帰宅しました。
遅くなりましたがライブレポート公開です(ネタバレ注意!)。






3年前、札幌ドームの満員の観客に24年ぶりに極上のギターを聴かせたエリック・クラプトン。
今回は残念ながらスタンド席は半分以上が空席でしたが、私には全く気になりませんでした。


だって、前から4列目なんですから♪


こうなると前方しか見ていられませんw
7年前、横浜アリーナの後ろから3列目からスタートした私が、ついに肉眼ではっきりとクラプトンの顔を見られる位置に来たのです!
まるでライブ映像を見ているような好位置に、開演前から連れの村田(仮名)氏と共に感激しきりでした。






そして開演。こんなに近くで見られるだけでもう大満足です。
気になる1曲目は、Tell The Truthでした。
札幌へ行く車中で村田(仮名)氏から情報を得てはいましたが、まさかジャパンツアー中に1曲目を入れ替えるとは・・・。
やはり先週セットリストを見ないで正解でしたw
これで先が読めなくなって、ワクワク感が募ります。

しかも驚いたのは、Tell The Truthでクラプトンがソロをせず、いきなり若手ギタリストのデレク・トラックスにソロを任せるとは!!??
さらにビックリなのは、彼は私と同い年ということ!
しかもそんなに若くして、クラプトンより先にソロを任されるくらいだから腕前も相当なものです。

しかし、そんな若手に負けじとクラプトンも頑張ります。
私のお気に入りのGot To Get Better In A Little Whileでは歌もギターソロも気合い入ってました!
さらにスティーヴ・ジョーダンのドラムもウィリー・ウィークスのベースも最高にグルーヴしてました!
今年のツアーで取り上げていなかったら、この曲のかっこよさに気付かなかっただけに、久々に引き出しから出してくれたクラプトンに感謝です!

続く3曲目は、村田(仮名)氏が長いこと生で聴きたがっていたOld Love。
彼の目には光るものが・・・。
そりゃそうです。99年のクロスロードコンサートの名演を髣髴とさせる、クラプトンのギターとティム・カーモンのキーボードソロが聴けるのですから・・・。


しかし、それ以上に鳥肌が立ったのが、クラプトン1人で演奏されたWhen You've Got A Good Friend。
普通ならここでお手拍子が入るはずなのですが、札幌のお客さんは誰一人手を叩きません。
あの札幌ドームが、し~んと静まり返ってクラプトンのギターと歌だけが聴こえるのですよ!まるでプライベートライブ!
素晴らしいひと時でした。

ただ、その後でKey To The Highwayはいらなかったかと・・・。
前回と前々回のオープニングナンバーを立て続けにされると違和感があります(苦笑


ただ、今回のライブはクラプトンの見せ場ばかりというわけではありません。
最強のバンドメンバーが次々と素晴らしい演奏を披露します。

ドイル・ブラムホールは、渋いボーカルにギターソロにブルースハープにと大活躍。
クリス・ステイントンのピアノソロも3年前と変わらず凄まじいものでしたし。

何だか今回は「エリック・クラプトン」というよりも「エリック・クラプトン・バンド」のコンサートという感じでした。
もちろんクラプトンのソロも凄かったんですけどもね。

しかし、私と村田(仮名)氏はクラプトンと同じくらい、自分達と同い年のデレクに魅了されてました。
そのくらい彼の見せ場は多かったです。

中でも白眉はLayla。
もちろん客席はスタンディングで大歓声。
クラプトンとデレクのソロが絡む後半部分、良かったです。
でも、客席に背中を向けて演奏するクラプトンの背に、ちょっぴり寂しさを感じたのは私だけでしょうか・・・?


まぁ、それは置いといて、、、
やはりLaylaは最後の音もしっかり出して締めるべきです!!!
そのままCocaineになだれ込まないでいただきたいっ!!!

でもまぁ、Cocaineでメンバーが次々とソロを回していくのは、それはそれでフィナーレっぽくていいですけど。
アンコールのCrossroadsも、バンドメンバーの力量の凄さを改めて確認し、クラプトンもそれに刺激を受けて素晴らしいソロを弾いてました。


ただ、残念ながらアンコールは1曲のみ(だったらステージの照明はつけっぱなしにしないで!と言いたい)、バンドメンバーが整列してご挨拶することもなく、あっさりと手を振って帰っていきました。

まぁでもこれがクラプトンですよ。

機嫌はこれまで見た中で一番良かったように感じました。他のメンバーのソロの時はいつもニコニコ顔でした。

本当にこのメンバーで音を楽しんでいる・・・、そう正に「音楽」してるって感じを強く受けた、素晴らしい一夜でした。



Set List

1.Tell The Truth
2.Got To Get Better In A Little While
3.Old Love
4.Motherless Children
5.When You've Got A Good Friend
6.Key To The Highway
7.Outside Woman Blues
8.Nobody Knows You When You're Down And Out
9.Running On Faith
10.After Midnight
11.Little Queen Of Spades
12.Anyday
13.Wonderful Tonight
14.Layla
15.Cocaine
16.Crossroads (encore)


Band Members

Eric Clapton / Vocals and Guitar
Doyle Bramhall Ⅱ / Vocals and Guitar
Derek Trucks / Guitar
Willie Weeks / Bass
Steve Jordan / Drums
Chris Stainton / Keyboards
Tim Carmon / Keyboards and Vocals
Michelle John / Backing Vocals
Sharon White / Backing Vocals
こんなにいいことはありません!!!
奇跡が起こりました!!!

詳細は後日に。
サイコー!!
前から4列目って!!
いよいよクラプトン札幌公演を間近に控え、早めに布団に入ったのになかなか寝られません。。。

とにかく早く寝付いて、札幌ドームで頑張ってきます!!!
こんな言葉があるなんて知りませんでした。

「耳浴」

さる事情(これはとても書けない・・・)で昨日から始めました。


やることは簡単です。

耳の中に薬液を滴下し、10分間横になったままでいるのです。
そして、10分経ったら起き上がって、耳から出てきた薬液をふき取れば完了です。


しかしやることは単純でも面倒くさい。

まず、朝と夜、日に計20分も動けないことはきつい・・・。
ただでさえ朝は出かけるまで時間がかかるだけに大変です。

あと、薬液をうまく耳の中へ入れることが難しい・・・。
耳の穴なんて自分の目じゃ絶対に見えませんからね。
誰かがやってくれれば問題は解決するのでしょうが、そんな奇特な人はいませんしね・・・


とにかく、耳の調子はここ数年になく良いと思うので、コンサートは万全の状態で頑張ってこようと思います!
このタイトルにだまされたので自分もだましてみたくなったw
ちなみに初めてのバトン挑戦。


◎「来年の○、結婚します」というタイトルにしなきゃいけないバトン!!
◎ ○の中には春夏秋冬のどれかを入れます。
 1月~3月生まれ…春
 4月~6月生まれ…夏
 7月~9月生まれ…秋
 10月~12月生まれ…冬

ルール
・見た人はコメントを残して自分もやる事。
・絶対!強制ヾ(´∇`;)ゝウヘヘ
・足跡に証拠残ります



1 結婚するなら何歳でしたい?

35歳までには

2 子供は何人欲しい?

0~2人。妻と相談の上で決める。

3 何歳で子供産みたい?

これも35歳までには

4 理想の男性or女性は?

自分に惚れてくれた女に弱いw

5 新婚旅行は何処に行きたい?

ロンドン、パリ、エジプト、ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガス

6 好きな人or恋人はいますか?

・・・。

7 その人の何処を好きになりましたか?

パス

8 デートでは手を繋いで歩きたい派?

繋ぎたいねぇ。
結婚後もたまに手を繋いで歩けるような夫婦が望ましい。

9 結婚とはあなたにとってなんですか?

新しい人生の始まり

10 浮気に対してどう思いますか?

絶対しません!

11 あなたが思う浮気とは?

別な人と手を繋いだりしたらアウト

12 離婚に対してどう思いますか?

修復できないようなら仕方ないが自分はしないよう頑張る

13 願いが3つ叶うなら何を願う?

・いい人と結婚
・夫婦で歳とってもライブとか楽しみたい
・それを実現するための少々のお金

14 特技はありますか?

酒と洋楽は詳しい

15 苦手な事はありますか?

運動

16 好きな科目は何ですか?

国語 歴史

17 嫌いな科目は何ですか?

数学 理科

18 1月~12月で、どれが一番好きですか?

10月

19 それは何故ですか?

暑くもなく寒くもなく・・・、あと食べ物が美味い!

20 あなたは今幸せですか?

最高というほどではないが幸せ♪
「我が家はクリスマスの装い」なんて言っても、飾りつけとかしているわけではないんですよ

ただ家でクリスマスソングばかりかけてるだけで・・・

やはりこの時期にしか聴かないだけに、クリスマスソングは常に新鮮な感じがします。
しかも、クリスマスアルバムは1年に1枚ずつ買い足しているんですよ。
同じ曲でも、アーティストが違うと全然雰囲気も変わって面白いものです。


ちなみに、今年のアルバムはホール&オーツを買いました。



最初の「ファースト・ノエル」からダリル・ホールの歌の世界に引き込まれました

さらに、相方のジョン・オーツも「クリスマス・ソング」でいい味を出してます。彼の柔らかい歌声がぴったりとマッチしてます。


というわけで、ちょっと早いクリスマスプレゼントを堪能している今日この頃です


Song List
1.Overture/First Noel
2.It Came Upon A Midnight Clear
3.No Child Should Ever Cry On Christmas
4.Everyday Will Be Like A Holiday
5.Home For Christmas
6.Christmas Must Be Tonight
7.Children Go Where I Send Thee
8.Mary Had A Baby
9.The Christmas Song
10.Jingle Bell Rock
11.O Holy Night
12.One On One(Live)


また札幌来ないかなぁ
最近よく007の新作CMを目にしますが・・・、どうなんでしょう?

まだ公開もされてないから何とも批評のしようがありませんが、実は007シリーズはほとんど見ているのでちょっと気になってます。

好きな酒はウォッカ・マティーニで、使用する銃はワルサーPPK、一度結婚したことがあるが死別・・・、等々の基本情報は既にインプット済みw
さらにはボンドが名乗る時のセリフ“My name is Bond, James Bond.”の発音もしっかりできるw

だから何?と言われるとどうしようもありませんがね


今度の新作は、ボンドの最初の任務を取り上げ、しかも当時運命の女性がいたということで、これをどう描いているのかが気になります。

「007/カジノ・ロワイヤル」は12月1日公開です。


続きを読む
もう自分が情けなくて情けなくて・・・0(>_<)0







でも心配なさらずに。本当にくだらない悩みですので。





クラプトンのジャパンツアーが始まって1週間が過ぎました。
初めは、「絶対前の公演の曲目は見ない!」って決意していたにも関わらず、耐え切れずセットリストが書かれたサイトを見てしまったのが情けなくて情けなくて・・・0(>_<)0

本当は、何を演奏するのか知らないまま行く方が楽しめるはずなのに、なかなかこの欲求を抑えられません(/TДT)/


札幌公演まであと1週間。
この間、日本武道館での公演がありますが、絶対セットリストは見ません!!!
決意を新たにするため、ここに宣言致します!!!
論文で忙しいこの時期に、先生にふと「友人と26日に札幌に行く」って行ってしまったんですよ
「何しに行くの?」と聞かれなくて良かったですわ。

だって、「コンサート見に行く」なんて言えやしないでしょう

しかも2週連続だし

さあ、2日間穴空けてもいいように頑張りますか!
昨夜とある店で偶然出会ったあいつ。
久々すぎて、
前に会ったのがいつだったかも思い出せないくらいだ。
突然すぎて言葉を失う俺の懐に、
お前は黙って飛び込んできた。

しかし時の流れは残酷だ。
初めて会った時は一生離さないつもりだったのに、
今じゃ会いたいとも思わない。

なのに俺は今日もお前と共にいる。
そう、お前は罪な奴だ。
俺がお前を捨てられないのをわかってて、
お前は俺の元へ戻ったんだろう。

でもわかっている。
お前がまた、気まぐれに俺の元を去ることを・・・。





続きを読む
ついに昨日雪が降りましたね~

私は札幌で初雪に遭遇しました。
帰りの列車まで少し時間が空いてしまい、でも外には出たくなかったので、PASEO~APIA~ESTA~東急~西武と地下道で通じているところだけをブラブラと・・・。

そして購入したのが下の2品ってどうなんでしょう???


     



デパートを回っていながらとてもおしゃれとは言えません( ̄▽ ̄;)
気がつくとクラプトンジャパンツアーの開始まであと2日でした。
私が参戦する札幌は26日なので、まだまだ先のような気がしてましたが、いよいよ間近に迫ってきたのですねぇ。

というわけで、今日はクラプトンに演奏して欲しい5曲をリストアップ(今年のツアーで演奏済み、かつ、今まで生で聴いたことない曲限定)。

1.Got To Get Better In A Little While
2.Why Does Love Got To Be So Sad
3.Old Love
4.Let It Rain
5.Running On Faith

とにかく素晴らしいツアーになることを期待!!!
しばらくブログを放置していたのは忙しかったからででも今日は暇かって言うとそうじゃないわけで来週には論文の中間発表があるのに何を発表したらいいんだかわからんし伊達の古文書は減らないし札幌ドーム2連戦の準備もせにゃいかんのに雷が鳴って大雨ひどいしあと頼んでた本はまだ届かないし腹は減るし大学は寒いしそういえばクリーニング出さないといけなかったとにかくすべて片付いてほしいけどそのために動くのが面倒なそんな感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。