あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職場に新人が入ったのですが、
 
 
使おうとしたストーブが壊れており、業者を呼ぶと言っていました。
 
 
ストーブの中央、炎が見える円筒形のガラス部分にひびがあったそうですが、

このような状態で使用しては危険です(ガスが漏れる恐れがあります)。

また、このガラス部分は基本的にガッチリとして動かないもの。少しでもガタガタするようではいけません(やはりガスが漏れる恐れが・・・)。
 
 
2年間で4台目のストーブを使っている私、、、

ストーブの故障に詳しくなりたくはなかった・・・orz
スポンサーサイト
ひさびさの更新ですが、おかげ様で生きております☆
しかし、久々のネタと言えばまたもストーブだってのが痛い・・・(-_-;
 
 
昨年の1月にストーブを取り替えました。
しかし、製造から10年以上経過していることもあり、いずれは壊れると思っていたのですが、まさか1年でだめになるとは思いませんでした。

度々エラーが出てストーブが止まるようになり、灯油の減りも早い・・・。
おかしいと思ったら、ストーブの下の皿が黒光りしていました。灯油漏れ。危険!

これまでは中古のストーブで次々替えましたが、さすがにもうストックはなく、これ以上ケチってもいられません。
やむを得ず新しいのを買いました。

今の家に住んでわずか2年もたたないうちに、早くも4台目のストーブです。
 
ただ、今度は新品なので、10年は心配ない!そう思いました。
 
 
続きを読む
このサイトをずっとご覧になっている方ならば、、、

そろそろ頭の中に定着していただきたいっ!

そう、2月14日は、、、
 
 
 
 
 
「煮干しの日」です。
 
 
2年前にひょんなことから発見し、それ以来ずっと当サイトでプッシュしている「煮干しの日」。

2年前には、チョコレートを渡す習慣を煮干しに置き換えたらどうなるかをシミュレートし(内容はこちら)、、、

昨年は、煮干しの日を紹介するニュース記事を発見(内容はこちら)。

着々と煮干しの日が日本に定着しつつある(?)2009年は何をしようか???

そう思った時、ふと「煮干しの日」を制定した「全国煮干協会」について調べてみようと思い、ネットで検索してみました。

結果は、、、
 
 

続きを読む
4月に即刻交換したストーブは、10年前から愛用し、好調を保ってきたものでしたが、この家での使い始めは思わしくありませんでした。
なぜかエラーが出るのです・・・。

その後、しばらくは落ち着いていましたが、年末からは消火時に必ずエラーが出るようになり、タイマーを入れる際には、エラーが出るのを待ってから復旧操作をしてタイマーを入れていたので、睡眠時間を削られる羽目になりました。

また、燃焼時にポットにたまっていくカスも目につくようになりました。
燃やし続けると、どんどんカスがふくらんで松かさのような形になるので、これが消火時のエラーの原因と考え、年明け早々、自らストーブの分解清掃に着手しました。

初めてのストーブ分解、しかも説明書もなし。
とにかく目についた所からネジをはずしていき、中にたまった煤を掃除機で吸い取り一件落着と思われましたが、、、

やはりストーブの分解清掃は、私のような不器用がやるものではありません。
 
 
ネジを2本、元に戻せませんでした。
 
 
このネジが決して直接の引き金になってはいませんが、分解清掃から数日後に、ストーブは燃焼もできなくなりました。

現在使用している3代目のストーブは、実家で使われなくなったお下がり。
10年ものなので不安は消えません。

果たして私は北国の冬を越せるのでしょうか?
 
 
続きを読む
ごぶさたしておりましたが2009年もよろしくお願い申し上げます。

昨年4月に引っ越してから8ヶ月を経過しましたが、この年始でストーブは早くも3台目になりました。。。
 
 
最初に使ったのは、前に住んでいた人が置いていったストーブ。
ご丁寧にも、取り換えたときのためにと、ごみ処理券まで貼ってありました。

「前の人は親切だな~」と当初は思っていましたが、ごみ処理券が貼ってあった理由をすぐに知ることになり憤慨しました。

一度火力を小さくすると再び大きくすることができず、しかも一度は不完全燃焼を起こし、このままでは生命に危険があると判断。
間もなく自前のストーブと取り換えることになります。

(つづく)
 
 
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。