あつしまにあ

~酒と音楽を愛する男の雑談~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラプトン札幌公演の興奮も冷めやらぬうちに、もうビリー・ジョエルのジャパンツアーがスタートしちゃってます。

2週続けてすごい大物が見られるというのは、本当に幸せなことだと改めて思います。
でも、心の準備がきついですね。もうちょっとクラプトン公演の余韻に浸っていたい・・・(笑

まぁでも、チケットを取った以上、また日曜には行かなければなりませんので予習をしています。


ただ気になるのは、札幌ドームの観客がどれだけ盛り上がれるかということです。

先日見たビリーのインタビューでは、「コンサートの序盤に客席の反応を見てその後の展開を決める」と言ってました。
つまり、観客の反応により出来が左右されるのに、これまでの経験から言って北海道の観客は冷めているものですから、ぜひ頑張って盛り上げてほしいものです。

特に、「ピアノ・マン」のサビはビリーは歌ってくれません。観客に歌うよう促します。
だったら、アーティストの期待に応えるべく、カタカナ英語でもいいから歌ってみるのが観客の役割じゃありませんか?

シャイでいたって何も発散はされません。

北海道では滅多に見られないアーティストだからこそ、日ごろの思いを溜め込んで出し尽くすべきです!!!

あるいは日々のストレスをぶつけてもいいでしょう!(笑

そうするとサプライズがあるかもしれません!

日替わりセットリストのビリーならやりかねません!


12月3日の札幌ドームは、東京都民に負けないくらい盛り上がりたいと願っています。


ちなみに、以下は28日東京公演のセットリストです。ご参考まで。


続きを読む
スポンサーサイト
もう自分が情けなくて情けなくて・・・0(>_<)0







でも心配なさらずに。本当にくだらない悩みですので。





クラプトンのジャパンツアーが始まって1週間が過ぎました。
初めは、「絶対前の公演の曲目は見ない!」って決意していたにも関わらず、耐え切れずセットリストが書かれたサイトを見てしまったのが情けなくて情けなくて・・・0(>_<)0

本当は、何を演奏するのか知らないまま行く方が楽しめるはずなのに、なかなかこの欲求を抑えられません(/TДT)/


札幌公演まであと1週間。
この間、日本武道館での公演がありますが、絶対セットリストは見ません!!!
決意を新たにするため、ここに宣言致します!!!
気がつくとクラプトンジャパンツアーの開始まであと2日でした。
私が参戦する札幌は26日なので、まだまだ先のような気がしてましたが、いよいよ間近に迫ってきたのですねぇ。

というわけで、今日はクラプトンに演奏して欲しい5曲をリストアップ(今年のツアーで演奏済み、かつ、今まで生で聴いたことない曲限定)。

1.Got To Get Better In A Little While
2.Why Does Love Got To Be So Sad
3.Old Love
4.Let It Rain
5.Running On Faith

とにかく素晴らしいツアーになることを期待!!!
ネットする度にクラプトンのアメリカツアーの動向をチェックせずにはいられない今日この頃ですが・・・


みなさんは「カズー」という楽器をご存知でしょうか?(知らない方はこちら

検索してみるといくつか取り上げているサイトがありましたが、どこも「楽器」か「玩具」か判然としない書き方をしています。
ま、それもそうです。口にくわえて声を出せばいいだけなんですから

構造もそれほど難しくはなく、家でもホースの切れ端などを使って自作できるようです(作り方はこちら)。

ちなみに音はとても変な音がします。文字で表すなら「ヴー」という感じのユーモラスな音です。


ではなぜこんな楽器とも玩具ともつかない物を紹介したかと言いますと、、、


クラプトンが『アンプラグド』以来久々にこのカズーを演奏したそうです!!!


初めてクラプトンのカズーを聴いたときには、「あのシブい人がこんな玩具を使うなんて・・・」とショック半分+親近感半分で聴いておりましたが、正直しばらく変化のなかった今ツアーのセットリストにちょっと飽きてきた中、こんなサプライズまで用意されているとなると、札幌でもクラプトンのカズー演奏を見られるかもと期待せずにはいられません!!!


1960年代、製造を中止していたレスポールギターに爆発的な人気を呼び込んだクラプトンがカズーを使い続けたらひょっとしてカズーも、、、

いや、流行んないか
今回のクラプトンのツアーでとても楽しみな曲があります。


"Got To Get Better In A Little While"という曲なんですが、、、


タイトル長いからなかなか覚えられない。。。


しかも、覚えてもなかなか言いにくい。。。


でもすごくかっこいい曲です。ギターソロでビシッと締まったかと思いきや、ドラムソロに入ってまだ続くというとってもシブいものです。

デレク&ザ・ドミノスのライヴ盤で聴くことができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。